一畑に出会ったほんの少しの記録

一畑にふれたほんのひとときの思い出。
仕事で訪れていたので、乗車する機会はなく。
目の前にあるのに乗れない悔しさ。
せっかくなのでせめてと思い撮影したほんの少しばかりの一畑の姿。

一畑1

一畑2
松江しんじ湖温泉駅。
旧南海21000系車両に出会うことができた。
南海住民だっただけにそのフォルムだけで涙ものだった。
この1月に引退してしまっただけに、自身にとっては大切な一枚となった。

一畑3

一畑4
引き込み線には、しまねっこ号Ⅱがいた。
とてもかわいらしいラッピングだ。

一畑5
松江しんじ湖温泉駅を出発した2100系。
京王時代塗装だった。

一畑6
(松江しんじ湖温泉駅脇の駐車場より撮影)
(2016.9月撮影)

一畑7

一畑8
電鉄出雲市駅に到着する2100系。
こちらは一畑塗装。
雨の早朝。
(ツインリーブスホテル出雲室内より撮影)
(2016.10月撮影)
スポンサーサイト

三江線 プチ撮りテツ27

三江143
川平~千金
民家は江の川対岸側に集中しており
この区間は特にゆったりとした時間感覚につつまれる。
(川平駅から千金方面へ約3.1km。県道112号線沿いから川平方面撮影)

三江144

三江145
川平~千金
まっすぐと伸びる線路。
そこをただひたすらに前へ前へと進み続けるキハ120。
ここの風景にはそれを遮る無駄なものは一切ない。
あの山の先には千金駅。
(川平駅から千金方面へ約3.1km。県道112号線沿いから千金方面撮影)

三江146
千金~江津本町
列車は最後のラストスパートをかける。
(千金駅から江津本町方面へ約500m。県道から撮影)

三江147
江津本町駅
ぽつぽつと咲き始めた桜。

三江148
江津本町駅
この最後のトンネルをぬけると終着駅が待っている。

三江149
江津駅
長時間走ってきたキハ120は江津駅の一番端でつかの間の休息をとり、また三次に戻っていく。
(江津駅裏手より撮影)

三江131
三次駅。
到着した列車からは次から次へと乗客が降りてきた。
想像を遙かに超える人数だ。
人は大切なものを失うときに初めてその存在や重大さに気づく。
気づいたときにはもう遅い。
それがまさしく今この目の前の風景。

次はまた近いうちに最後の夏の風景を撮りに行きたい。

三江線 プチ撮りテツ26

三江150

三江151
粕淵~明塚
第一江川橋梁。
人道を併設した橋梁は近隣住民が頻繁に利用しているようだ。
自転車での往来も多かった。
その横を列車が通る。迫力満点だ。

[広告] VPS


三江141
木路原駅。

三江139
木路原~石見川本
石見川本駅付近を俯瞰する。
写真左奥に石見川本駅がある。
江の川の堤防はこうして見てみるとかなり重厚だ。
(石見川本駅から約1.7km、仙岩寺に登る階段途中から撮影)

三江140

三江142
川平駅に停車中の列車。
桜で有名な駅の一つだが、この日は少し来るのが早かった。
うっすら木々がピンクに色づき始めていた。
(川平駅すぐの跨線橋から撮影)

(つづく)

三江線 プチ撮りテツ25

三江125
石見松原駅に停車中の列車。
少し高台にあるので道路を何の気なしに進んでいると駅の存在には気づきにくい。
誰が乗降するというわけでもなくディーゼル音だけが辺りに響いていた。
(国道375号と県道295号の交差点から西へから300mほど。
 手前の江の川越しに石見松原駅を見ることができる)

三江126
潮駅。
桜を求めて来たのだがこの日はまだ大半がつぼみ。
せっかくなので霧に包まれる山々をバックに撮影。
(潮駅対岸より撮影。木々が生い茂ると撮影が難しくなるかも)

三江156
再度日を改めて潮駅へ。
少し離れた場所から停車中の列車を撮影。
桜は満開。
(潮温泉大和荘入口付近国道沿いから撮影)

三江157
潮駅に到着するキハ120。
桜に包まれた潮駅目当ての人たちでいっぱいでした。

三江158

三江159
潮駅を出発。
列車の窓にも桜が満開。
(潮駅ホームから撮影)

三江160
潮~沢谷。
潮駅周辺の満開の桜と雄大な江の川。
この一枚を撮りたかった。

三江161
潮~沢谷。
そしてもうこの風景を見ることはできなくなった。
この風景をしっかりと目に焼き付けた。
(潮駅ホームから撮影)

(つづく)

三江線 プチ撮りテツ24

三江線には美しい撮影地が盛り沢山。

三江133
宇津井~石見都賀。
この区間は高架とトンネルで深い山の中もなんのその、
一つ一つ次の町を目指してゆく。
(石見都賀駅から国道375号を南へ、
 国道375号と県道55号交差点から県道55号を山手に上ってゆく約2.5km。
 石見都賀を見渡せる展望スペース近くから撮影)

三江134

三江135
宇津井~石見都賀。
高架の上を颯爽と駆け抜ける。
上から見ると、箱庭のジオラマをのぞいているようだった。
(石見都賀駅から国道375号を南へ、
 国道375号と県道55号交差点から県道55号を山手に上ってゆく約2.5km。
 石見都賀を見渡せる展望スペース近くから撮影)
[広告] VPS


三江136
宇津井~石見都賀。
トンネルをぬけるとまもなく石見都賀駅。
ここは石見都賀付近を俯瞰することのできる最高の展望スペース。

三江137
石見都賀駅に到着だ。

三江138
石見都賀~石見松原。
石見都賀駅を出た列車は引き続き高架を突き進む。
(石見都賀駅から国道375号を南へ、
 国道375号と県道55号交差点から県道55号を山手に上ってゆく約2.5km。
 石見都賀を見渡せる展望スペースから撮影)

三江152
石見都賀駅を別角度から眺める。
夕日があたりを照らし始めるなか、列車はまもなく駅に到着する。

三江153

三江154
列車は静かに石見都賀駅を三次に向けて出発した。
この時間も2両編成。ここでも乗客はかつてより増えているのだろうか。

三江155
宇津井~石見都賀。
(石見都賀駅から約1.7km、江の川挟んだ対岸より撮影)
[広告] VPS

(つづく)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
24位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR