FC2ブログ

(仮称)北梅田駅周辺を俯瞰で楽しむ

(仮称)北梅田駅、呼称うめきた(大阪)地下駅の工事が進んでいる。
大阪に寄った機会に、新駅周辺を俯瞰で眺めたくなり、
空中庭園に向かった。

北梅田1
JR大阪駅とその手前には新駅。
穴が空きながらカーブを描いているところが北梅田駅(うめきた(大阪)地下駅)です。

北梅田11
アップで見るとこんな感じ。
開業時には現在の大阪駅と新駅間に改札内連絡通路ができて
どっちも「大阪駅」として開業、運用されるようです。

北梅田2
せっかくなので大阪駅の俯瞰風景を楽しみます。
遠くから見ているので、車体が白の221系はよく映えます。

北梅田3
撮影を楽しんでいると偶然にもトワイライトエクスプレス瑞風に巡り会うことができました。
が。
時間的に逆光、線路周辺はほとんどビル陰に隠れ、車体もはっきりと拝むことができずで無念。

北梅田4
見えなくなるまで追いかけましたがずっとこんな感じ。
ほとんどわからないですね。

北梅田5
反対側を俯瞰します。
こちらからは梅田貨物線がよく見えます。
新駅に向かうトンネルはこの辺くらいから始まるのでしょうか。
新線工事の横を貨物が車両が通る。

北梅田6
特急はるかが新線工事横を駆け抜ける。

北梅田7
旧貨物駅の脇をはるかが走る。
新駅工事で周辺は実にすっきりしている。

北梅田8
ここ空中庭園は最高の撮影地。
特急はるかと阪急電車とのコラボ写真を撮影できて超満足。

北梅田9
淀川とそこに架かる橋梁、
JR.と阪急、
大阪の町並み。

北梅田10
すこしずつ変化していく大阪。
開業まではまだまだあるけど、
また少しずつその変化を残していけたらいいなと思います。

(2019.12.14撮影)
スポンサーサイト



市営化前の北神急行を訪問

神戸市営地下鉄北神線として生まれ変わる北神急行。
過去に幾度か利用したことがある路線。
関西を離れてめっきり乗る機会がなくなりましたが、
久しぶりに訪れる機会ができたので、北神急行としての最後の訪問してきました。

北神1
すでに地下鉄の構内などには運賃が安くなることの宣伝が飾られていました。
地元民にとってはこの料金改定のインパクトはでかいと思います。ほぼ半値ですからね。

北神2
神戸市営地下鉄の路線図。
この新神戸~谷上間が市営化される。
わずか一駅間だけどすごい変化になるのだ。

北神3
7.5kmにも及ぶながーーーーいトンネルを抜けるとそこは山の上、谷上駅。

北神4

北神5
谷上駅路線図。

北神6
谷上駅を外から見る。
神鉄と北神急行が併記されてます。

北神7
折り返しまでちょっと時間があったので、グッズを購入。
駅事務室にはマスコットキャラの北上弓子が決めポーズでお出むかえ。
(駅員さんに許可頂き撮影)

北神8
ちょうど年賀状の時期だったので、年賀状コラボもやってました。

北神9
ホームに戻ると次に乗る車両は北神急行車両の7000系が入線。

北神10
谷上駅では両扉が開きます。ほんと、このシステムは便利ですよね。

北神11
市営化後、この7000系は残り続けるのか、車両統一となってしまうのか、
じっくり目に焼き付けました。

料金改定でより一層利用客が増えるといいですね。

(2019.12.14撮影)

超短距離線の旅 和田岬線②

和田岬線の撮影巡り。

和田岬17
和田岬駅すぐの踏切から和田岬駅を見る。
発車した列車が近づいてくる。

和田岬18
ここの踏切は結構の規模。
その分列車通過の迫力も増すというものだ。

和田岬19

和田岬20
和田岬線といえばここ、和田旋回橋。

和田岬21
旋回橋の大きさは車両一両分に満たない。



和田岬24
かつてここには駅があった。鐘紡前駅跡。
薄ら残るホーム跡。

和田岬22

和田岬23
わずかな距離ながら、ここに列車が通り続ける意義は大きいと感じる。
この和田岬線を活かしながらの再開発をぜひ考えていただきたいものだ。


(2019.12.14撮影)

超短距離線の旅 和田岬線①

和田岬4
大阪に行く機会があったのでちょっと寄ってみた。
JR和田岬線。
わずか2.7kmで中間駅のない山陽本線の支線ですね。
兵庫駅を出ると次は終点和田岬駅です。

和田岬1
兵庫駅では山陽本線とは別ホームなので、
一端階段で降りて専用改札口を抜け和田岬線ホームに向かう必要があります。

和田岬2
山陽本線ホームを右手に見上げながらちょっとした長さのホームに向かう通路を歩いて行きます。

和田岬3
和田岬線用ホーム。
わずか4分ほどの短い旅が始まります。

和田岬5
途中和田岬駅に向かって右側には、川崎重工の工場が広がります。

和田岬6
ほんとにあっという間に和田岬駅に到着です。
この日は土曜日だったので、乗客は各車両数えるほどで少なめでした。
私以外の乗客は三菱重工の従業員と思われる方ばかりでした。

和田岬8
和田岬駅駅名標。

和田岬7
駅は片面1線。

和田岬10
特徴的なのは、ホームの途中に数カ所、すぐ横の道路に降りられる階段が設けられているところ。
改札口がないので(兵庫駅の乗り換え口で済ましてしまうので)、出入り自由です。

和田岬13
兵庫駅側からホームを眺める。
6両対応なので結構ホームも長いです。

和田岬11
駅を道路側から見る。

和田岬9
JRのホーム先端すぐ先には、神戸市営地下鉄海岸線の和田岬駅出入り口が見えます。
この関係とウォーターフロント計画で存廃問題が起こっていますが、
さあ果たして和田岬線の未来はどうなるのでしょうか。

和田岬14
かつてはもう少し先に(旧)和田岬駅はありました。
さらにはこの先の三菱重工に向かう線路も伸びていたようですね。

和田岬12
近くの踏切から駅全景を見る。
奥に見えるのが三菱重工。

和田岬15
駅すぐのお店脇には和田岬駅の歴史が色々と記されています。
昔の駅の様子の写真や、興味深い路線図、年表など、
これは訪問されたら是非見てみてほしいですね。

和田岬16

(つづく)

日田彦山線の今を見に行った⑦(夜明駅)

日田彦114
日田彦山線の訪問も最後の行程。
筑前岩屋駅臨時バス停留所から夜明駅まで向かいます。
先ほど乗車した同じバスが再びやって来ました。
どうやら運転手さんも一緒ですね。
乗客はやはり私一人でした。

日田彦115
筑前岩屋から夜明駅まではバスで約25分。
道中も途中二駅に停まることなく、ただ黙々とバスは夜明駅を目指す。
車窓から見えた今山駅。

日田彦124
夜明駅に到着。
バス30分貸し切りの移動。
利用客がいないことの虚しさ。
私が乗ったこの時間のバスはダイヤ改正でなくなるようだ。

日田彦123
日田彦山線と久大本線との分岐点。
駅舎もいつしかリニューアルされたのかとても綺麗で驚いた。

日田彦122
夜明駅運賃表。
枠には活性化推進の団体名が刻まれていた。

日田彦121
時刻表。
日田彦山線の空白がやはりなんともいえず悔しい。

日田彦119
駅舎をホーム側から眺める。
どこから見ても素晴らしい出で立ち。

日田彦120
久大本線久留米方面ホームから見る。

日田彦117
日田彦山線ホームに立つ。
レールはさび付いたままだ。

日田彦118
右に大きくカーブを切る日田彦山線。

日田彦116
ちょうど駅に久大本線の列車が入線してきた。
隣にも列車がまた到着するシーンを見たい。

日田彦125
駅前にある夜明の鐘。
日田彦山線の復活を強く願った。

日田彦山線の結論が出るまであとわずか。

(2019.12.09撮影)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
35位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR