FC2ブログ

予土線・伊予灘ものがたり紀行⑧(窪川~中村)

土佐くろ2
JR窪川駅からすぐお隣の土佐くろしお鉄道窪川駅へ移動しました。
別に構内での移動も可能ですが、やっぱ駅舎経由の方が乗り換えた感でますよね。

土佐くろ1
窪川駅時刻表。
時刻表示だけでなく行き先や列車の種類、備考が大きく表示されているのが珍しくわかりやすい。

土佐くろ3
土佐くろしお鉄道路線図。
英語併記もばっちり。

土佐くろ5
木材で味のある窪川駅名標。

土佐くろ4
向かいホームに宿毛行きの特急が到着です。


土佐くろ6
窪川駅で並ぶ特急あしずりと鉄道ホビートレイン。
これに乗って中村駅まで行き、レンタカー調達、
またここ窪川駅まで戻ってきます。
雨がやみません。

土佐くろ7
中村駅に到着。
あたりは真っ暗です。
普通列車と行き違い。

土佐くろ8
今回は土佐くろしお鉄道を巡ることはないですが、
初乗車だけに、中村駅で記念撮影です。
また落ち着いたらゆっくり来たいです。

土佐くろ9
中村駅の駅舎はとても立派でした。
町が大きいことが分かります。
さて、レンタカーで窪川までUターン、晩ご飯です。

土佐くろ12
戻ってきました窪川駅。
駅舎の中にある食堂「しまんとえきめしFORM」で晩ご飯です。

土佐くろ11
駅直結目の前は改札とホーム、最高のシチュエーション。

土佐くろ10
地元産の食材が売りということで
今回いただいたのは、四万十豚カルビと四万十鶏唐揚げ。
豚はとても柔らかく、唐揚げは肉汁があふれ出るおいしさ。
ドレッシングも含め隅々までぬかりない出来映えです。
最高のお店見つけました。
今度またこっちに来たときは必ずここで食べます。
そん時まで。

窪川駅近くで宿を取り、翌日は予土線列車撮影と、予土線全駅巡りに挑みました。

(つづく)

スポンサーサイト



市営化前の北神急行を訪問

神戸市営地下鉄北神線として生まれ変わる北神急行。
過去に幾度か利用したことがある路線。
関西を離れてめっきり乗る機会がなくなりましたが、
久しぶりに訪れる機会ができたので、北神急行としての最後の訪問してきました。

北神1
すでに地下鉄の構内などには運賃が安くなることの宣伝が飾られていました。
地元民にとってはこの料金改定のインパクトはでかいと思います。ほぼ半値ですからね。

北神2
神戸市営地下鉄の路線図。
この新神戸~谷上間が市営化される。
わずか一駅間だけどすごい変化になるのだ。

北神3
7.5kmにも及ぶながーーーーいトンネルを抜けるとそこは山の上、谷上駅。

北神4

北神5
谷上駅路線図。

北神6
谷上駅を外から見る。
神鉄と北神急行が併記されてます。

北神7
折り返しまでちょっと時間があったので、グッズを購入。
駅事務室にはマスコットキャラの北上弓子が決めポーズでお出むかえ。
(駅員さんに許可頂き撮影)

北神8
ちょうど年賀状の時期だったので、年賀状コラボもやってました。

北神9
ホームに戻ると次に乗る車両は北神急行車両の7000系が入線。

北神10
谷上駅では両扉が開きます。ほんと、このシステムは便利ですよね。

北神11
市営化後、この7000系は残り続けるのか、車両統一となってしまうのか、
じっくり目に焼き付けました。

料金改定でより一層利用客が増えるといいですね。

(2019.12.14撮影)

常磐(いわき以北)・大船渡(気仙沼以西)・気仙沼・石巻・仙石(東名・野蒜)線巡りの旅①

東日本大震災から8年。
一度仙石線にはすこしだけ訪れたことがあったのですが、
それ以外のまだ訪問したことのない方面へようやく行けるタイミングができました。
といっても時間がとれず、訪問できたのはばくっと気仙沼以南のみ。
(大船渡BRTや三陸鉄道などまでは難しくこちらはまた改めて訪問です)
震災からの復興の様子を感じる1泊2日の旅です。

仙台空港1
旅のスタートは仙台空港。
空港自体も初めてで、立派なアクセス鉄道に早速見入ってしまいました。

仙台空港2

仙台空港3
仙台空港の展望デッキの端からわずかではありますが
駅から出て空港の下をくぐるトンネルに入る一瞬の姿を見ることができます。

仙台空港4
仙台空港ロビーからは駅へのアプローチゲートがあります。
橋で渡るだけですけどなんかテンションが上がる造りです。

仙台空港5
改札前には鉄道むすめの杜みなせさんもお出迎え。

仙台空港6
仙台空港駅の運賃表。

仙台空港7
空港ゲートから駅改札口までは少し歩く必要があるので時間には余裕を持ちたいですね。

仙台空港8
改札を入ってすぐから停車中の電車を眺めます。

仙台空港10
仙台空港鉄道と空港のコラボを記念に。

仙台空港11
ここは単線なので空港駅に到着する電車をむかえてからようやく出発です。

仙台空港12
空港駅をでてまもなくしてほんのわずかの時間ではありますが
出発待機中の飛行機の数々を見ることができます。

仙台空港13
全区間高架を進むので眺めは良いです。

仙台空港14
美田園駅。
行き違い可能ですね。

仙台空港15
杜せきのした駅。
ここは片面仕様でした。
将来いつでも交換可能にできるように準備はできていました。

仙台空港16
名取駅手前でカーブを描きながら高架区間が終了します。

仙台空港17
名取駅が見えてきました。
仙台空港線の起点駅です。

仙台空港18
反対側に仙台空港駅行きの電車がやって来ました。

仙台空港19
名取駅に到着。
列車はこのまま仙台駅まで行きますが、私はここで常磐線に乗り換えます。
いまだ不通区間が残り代行バスが運行されている浪江~富岡当面に進みます。

(つづく)

しなの鉄道ぷち乗車

しなの02
小海線を堪能したあとはしなの鉄道に乗り換えて帰路につきます。
ここ小諸駅から軽井沢を目指します。

しなの01
しなの鉄道色の115系。
カラーリングがちょっと高級感出ていてかっこいいですね。

しなの03
駅の一番端になんだかかつて線路があったであろうホーム跡がありました。
ここには何の路線が入っていたのでしょうか。

しなの04
と駅をぶらぶらしていたらなんだかテレビや雑誌で見たことの或る車両が入線してきました。
そう、ろくもんです。

しなの05

しなの06
回送列車でしたが、小諸駅で数分の停車。
その間に車内の様子を眺めさせてもらいました。
びっくりするくらいの豪華さ。
これは本当に一度乗ってみたいです。

しなの07


しなの08
偶然にも出会ったろくもんをお見送り。
さて軽井沢に向かいましょう。

しなの09
軽井沢駅。

しなの10
線路の切れ目、車止めが今回の旅の終わりを告げる。

しなの11

しなの12
しなの鉄道軽井沢駅を駅車内から俯瞰で眺める。
左に見えるのは新幹線ホーム。

しなの13
しなの鉄道軽井沢駅改札口。
土産物とか店舗が多くてびっくりしました。
超立派な駅ですね。

しなの14
改札口脇にあったおぎのやさんで名物釜飯を購入し、
少し時間があったので立ち食いそばを堪能。
駅そば発祥、軽井沢駅。
しっかりした出汁のおつゆとそばのこしがとてもおいしかったです。
おなかを満たし新幹線口へ。
今回の短い旅もこれにて終了です。
濃密な時間をありがとう。

(2019.4.1訪問)

富士急行初乗車 こんなにも富士山を眺めたのは初めてだ③

富士急43
富士急行、河口湖駅に到着です。
日曜日。さすがに外国人含めて観光客でいっぱいです。
河口湖駅のうしろには富士山がそびえています。

富士急44
駅脇から構内を見るとさらに富士山の迫力が伝わってきました。

富士急45
まずはせっかくなので富士山ビュー特急の発車を見送りましょう。
[広告]


富士急46
河口湖駅構内はとても広々。

富士急47
駅構内では、富士山の姿をはっきりと拝むことができます。
ほんと素晴らしい駅です。

富士急48
駅を出てすぐのところには、富士急行の前身「富士山麓電気鉄道」開業当時の車両モ1号が展示されている。
今からもう90年も前の車両、この路線の勾配を乗り越えていたのだからすごい技術だったんだ。

富士急50
富士山をバックに撮れそうなところを散策。
バックには富士山と富士急ハイランドが見える。
(富士急ハイランド~河口湖)

富士急51
富士急ハイランドと富士急行。
写真を撮る数秒前にコースターが通過していった。
車両とコースターが一緒に収まったらなお雰囲気が出るんだろうなあ。
(富士急ハイランド~河口湖)

富士急53
富士急行は河口湖駅に向かってどんどん標高が高くなっていく。
このように標高表示が幾度となく現れる。
月江寺~富士山区間で標高800mまで来ている。
終点河口湖は標高857mだ。

富士急52
見晴らしの良いちょっとした高台から町並みと富士山を車両越しに眺める。
びっくりするくらいの雨男なのに、ほんと晴れてくれて良かった。
曇りや雨で富士山が見えなかったらせっかくの機会が台無しになるところでした。本当に感謝。


(おまけ)
富士急54
沿線撮影はわずかの時間しかなかったのでこれにて打ち止め。
ほんとはもっと各所回りたかったんですけど仕方ありません。
とはいうものの、滅多と来られない場所ですから、せめて河口湖くらいは拝んでおこうと。

富士急55
河口湖と富士山のコラボ写真は挑戦してみたかったのでトライしてみました。
手前に広がるのが河口湖、バックには富士山。
ちょっとだけ雲が引っかかっていましたが。

富士急56
ちょこっとアップ。
本当美しすぎます。
裾野の流れるラインとか。

富士急57
まだつぼみの桜と河口湖と富士山。
満開時期だったら最高のコラボを目にすることができるんだろうなあ。


富士山を思う存分に堪能できる富士急行。
最高の時間を過ごせました。
ここまで富士山を見たのは人生で初めてです。
次はリニア絡めて再度訪問してみたいですね。

(2019.3.31撮影)


(そして翌日は小海線を訪れた)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR