FC2ブログ

キハ183系 フォト

スラントノーズ型から置き換えが予定されているキハ183系。
北海道で出会ったときの数少ない写真を大切に残しておこう。

北海道360

北海道361

北海道362
長万部駅にて撮影。
キハ183系で運用されている北斗。

北海道363

北海道364

北海道365
網走駅にて撮影。
スラントノーズが象徴のオホーツク。

北海道367

北海道366
岩見沢駅にて撮影。
スポンサーサイト



北海道 秘境駅・2429D・釧網本線を巡る23(丸瀬布駅)

丸瀬布駅にやってきました。
11:34発のオホーツクまで時間があるのでここでゆったりと過ごします。

北海道309
立派な丸瀬布駅舎・・・と思いきや、
その大半は併設の生涯学習館。

北海道310
丸瀬布駅の看板は建物の脇にありました。
北海道318
駅の待合スペースはこじんまりと、でもとっても綺麗。

北海道311
ホームの待合室は駅舎と打って変わって味わい深い趣。

北海道312
ホームから見た駅全景。
すれ違いが可能な広い構内。

北海道313
時間もあるので丸瀬布駅近くの橋から駅を眺めてみました。
オホーツク通過待ちの特快きたみ。
(丸瀬布駅から南西約700m。天神跨線橋より撮影)

北海道314
キハ183系オホーツクがやってきました。
(同じく天神跨線橋より下白滝方面撮影)

北海道315
オホーツクときたみが丸瀬布駅ですれ違います。
(同じく天神跨線橋より撮影)

北海道316
特快きたみが丸瀬布駅を出発。
(同じく天神跨線橋より撮影)

北海道317
きたみは旭川に向けて旅立って行きました。
(同じく天神跨線橋より撮影)

北海道320
乗車するキハ183系スラントノーズ特急オホーツクがみえてきました。

北海道319
さて、オホーツクに乗り石北本線を離れ、
今回の旅の最後の行程、岩見沢からの室蘭本線へと向かいます。
(つづく)

北海道 秘境駅・2429D・釧網本線を巡る22(下白滝駅)

旧白滝駅から白滝シリーズ最後の下白滝駅へ移動します。
距離にして約4.5km。
8:43旧白滝駅を出発。
次の下白滝駅で9:25頃に通過する普通列車を撮影したいので、
何としても9:20ごろまでには到着したい。
4.5kmを35分で移動・・・、
のんびり歩いていたら間に合わないのでその大半を走って移動することにした。

北海道293
途中すれ違った4620D(遠軽発白滝行き普通)。
日ごろろくに運動をしないもんが朝っぱらから炎天下の中走ってばてばての中、
一瞬私の心と体をいやしてくれた。
(下白滝~旧白滝間)
(旧白滝駅から国道333号を下白滝方面へ約1.5km付近)

北海道294
ついに見えた、下白滝駅だ。

北海道306
下白滝駅舎。
しっかりとした風情ある駅舎だ。

北海道297
急いでホームに向かい、列車を撮影するスタンバイ。
すると列車がやってくる音。
ぎりぎり間に合った。頑張って走った甲斐があった。
(下白滝駅ホームから旧白滝方面を望む)

北海道295
(下白滝駅を通過する4623D)

北海道296
(下白滝駅を通過する4623D)

北海道298
4623Dは山の中に姿を消していった。
(下白滝駅ホームから丸瀬布方面を望む)

北海道299
列車が去った後は駅を見学。
そして静かなホームの上で疲れた体をゆっくりと休める。

北海道300
丸瀬布側からの駅全景。

北海道301
ホームから見た下白滝駅舎。

北海道302
おだやかな空気だけがこの駅を包んでいた。

北海道303
下白滝駅運賃表。

北海道304
下白滝駅時刻表。
廃止となるまでに、日常でここを利用する人は一体どれくらいなのだろうか。

北海道305
駅前風景。
有名な番犬ははるか向こうでのんびりしていた。

北海道307
駅舎内。

北海道308
長年の夢だった白滝シリーズ訪問もこれで終わり。
廃止という現実はあまりにも悲しい。
10年先の地方鉄道がぜひとも明るいものであってほしい。

停車する列車がないので
ここからはあらかじめ予約しておいた丸瀬布ハイヤーさんでお隣の丸瀬布駅へ。
(つづく)

北海道 秘境駅・2429D・釧網本線を巡る21(白滝~旧白滝駅)

上白滝駅から白滝駅まではのんびり徒歩で移動しました。

北海道280
すがすがしい朝日をあびながら、この時間ほとんど車も通らない国道を歩くこと40分。

北海道281
8:00白滝駅に到着。
この時間はちょうど通学の時間帯で、
すれ違う子供たちは元気に実に気持ちの良い挨拶をしてくれていました。

北海道282
白滝駅の駅舎は立派、ホームにしばし佇む。
残念ながらこのタイミングでは列車はこなかった。
しばらく駅を見学した後、次の目的地、旧白滝駅へと向かうのですが、
下りは先ほど乗ってきた4621Dが始発にして終電で、白滝駅から旧白滝駅までは約6km。
歩くとゆうに1時間以上はかかってしまい、これから先の行程に影響が出るので
今回はこの区間、タクシーを使うことに。
タクシーは事前に予約していた白滝駅前の白滝ハイヤーさん。
(この界隈で唯一のタクシー屋さんのようです。予約しておいた方が安全です。)

北海道288
わずか10分ほどで旧白滝駅に到着です。

北海道287
小さな待合室がぽつんとあるだけのかわいらしい駅。

北海道286

北海道289
すぐ横には国道が並走していて車もよく通るので秘境駅ぽくはないのですが、
それを除けば、広い平野にぽつんと、ただひたすらに列車が到着するのを静かに待ち続ける姿が
その雰囲気を醸し出している。

北海道283
待合室は木の味が最高によい。

北海道284
旧白滝駅時刻表。
下りは朝に1本、上りは昼以降に3本。

北海道285
旧白滝駅運賃表。
3駅以降の料金の跳ね上がり方が半端ない。

北海道290
旧白滝駅を列車が通過するシーンだけでも見ておきたいと思い少し待機。
8:40頃、札幌行きオホーツクが勢いよくやってきました。
(下白滝~旧白滝間)
(旧白滝駅踏切脇から下白滝方面撮影)

北海道291
旧白滝駅をあっという間に通過するオホーツク。
廃駅後は駅はその姿を消してしまうのでしょうか。

北海道292
オホーツクは白滝駅に向けて駆け抜けていきました。
(旧白滝~白滝間)
(旧白滝駅踏切脇から下白滝方面撮影)

旧白滝駅を満喫した次は、お隣の下白滝へ。
頑張って歩きます。
(つづく)

北海道 秘境駅・2429D・釧網本線を巡る⑳(上白滝駅)

秘境駅、白滝シリーズ。
上川から一駅、でも48分もかかる。
上川駅から乗車したのは私含めたった2人。
廃止される白滝シリーズを巡った。

北海道269
朝7:04、上白滝駅に到着です。
ついに来ることができました。

北海道270

北海道271
乗車してきた4621Dを見送ります。
(上白滝~白滝間)
(上白滝駅より撮影)

北海道272

北海道274
ホーム端から駅を見渡す。
のどかだ。静かだ。

北海道273
上白滝駅舎。ホーム側から。
なかなかにしっかりとした造りです。
かつては大活躍していたんだろうなと思わせるその風格。

北海道275
上白滝駅時刻表。
上り下りともに1本ずつ。
もはや意味をなさないダイヤ。
駅としての役割は終えた。

北海道276
上白滝駅運賃表。
となりの白滝駅まで210円に対して、同じくとなりの上川駅までは740円という、
ここからもこの近辺で駅が存続することがいかに難しいのかが読み取れる。

北海道277
駅舎内は広くゆったりできる。

北海道278
駅舎全景。

北海道279
上白滝駅前風景。
数件の民家と線路に平行して走る国道。
もうここでは駅を必要としている人はいないのかと思うと、実に切ない。
でもこれが今の地方の実情なんだとしっかりと目に焼き付けた。

次は白滝駅まで歩いて移動します。
(つづく)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
49位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR