FC2ブログ

紀州鉄道ミニミニ旅②

紀州5
市役所前駅。
ホームの屋根の高さと列車の大きさのアンバランスさがおもしろい。

紀州6
市役所前~西御坊。
市役所前を出発した列車を見送る。

紀州7
言葉通り、民家の間をかき分けるように。

紀州8
市役所前駅全景。

紀州9
西御坊駅。
終着駅。

紀州10
町の中にひっそりと。
でもそのオーラはとても大きく。

紀州24

紀州25
駅舎の老朽化は否めない。
壁には紀州鉄道の歴史が掲示されていた。

紀州26
駅のホームは本当に狭いし、屋根も低い。

紀州36
日本一短いローカル私鉄と刻まれている。

紀州37
ホームの端すぐには柵が。

紀州11
かつてはここから日高川駅まで路線が続いていた。
駅南側から撮影。
線路は残っている。

紀州12
西御坊駅から南を望む。
民家の間に線路が続いている。

紀州13
西御坊~日の出紡績駅跡。

紀州14
紀州15
踏切部分は埋め立てられているが、
その後ははっきりとわかる。

紀州16
日の出紡績駅があったと思われる場所。
今は駐車場になっている。

紀州17
日の出紡績駅跡からさらに南を見る。
まだまだ線路は続いている。

紀州18
日の出紡績駅跡~日高川駅跡。

紀州19
腕木式信号機も残っていた。

紀州20
踏切の警報器もある。
ここまで鉄道設備が残っているのは素晴らしいことだと思う。

紀州21
日高川駅構内跡。
写真奥の突き当たりが日高川駅跡だ。

紀州22
日高川駅のホームがまだ残っている。
緑にかなり浸食されているが、当時を想像するに十分なほどその形を残していた。

紀州23
日高川駅跡ホームから西御坊駅方面を眺める。
そこに人影はなかった。
スポンサーサイト



紀州鉄道ミニミニ旅①

紀州3
和歌山県にあるわずか2.7km。
御坊から西御坊まで乗車時間も8分とあっという間だ。

紀州2
紀州鉄道ホームは、JR御坊駅の一番端にある。
改札口には券売機はなく、改札で紀州鉄道に乗る旨伝えてホームへ向かった。

紀州1
御坊~学門。
御坊駅に到着するKR301。
右手にはJRの線路が併走。
御坊駅ホームより撮影。

紀州4
御坊駅を出発した列車は、ゆっくりゆっくりと車体を揺らせながら
御坊の町をかき分けるように走って行く。

紀州34
御坊~学門。
この区間が紀州鉄道の中では駅間距離が最も長く1.5km。
あたりは田園風景が続く区間。
学門駅前から撮影。

紀州33
学門駅。

紀州35

紀州28
学門~紀伊御坊。
紀伊御坊駅ホームから撮影。

紀州32
紀伊御坊駅。
紀州鉄道のメイン駅。

紀州27
紀伊御坊駅に停車中KR301。


紀州29
かつて運行についていたキハ603が保存されている。
近々近くの商店街に移設されるそうだ。

紀州30
2017年にやってきたばかりのKR205。
この日は乗車できず。

紀州31
車庫にはキテツ2号がいた。
本当はこれが現役の時に乗りに来たかったのだが、
それもかなわず。
でもひとめその姿を見られただけでも本当に良かった。

(つづく)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR