FC2ブログ

熊本市電・熊本電鉄・長崎電鉄・島原鉄道・松浦鉄道の旅⑧(長崎電鉄2)

長崎電鉄8
蛍茶屋。
近くは住宅密集地、利用者も多く見受けられた。

長崎電鉄10
線路の先には車庫があるが、長崎の坂をうまく活用した造りだ

長崎電鉄11


長崎電鉄9
蛍茶屋~新中川町。
山の上まで家が敷き詰められた長崎の町を進む。
長崎電鉄12
正覚寺下。

長崎電鉄13
川にせり出すように停留場がある。

長崎電鉄14
終点といえど停留場はとても狭い。
長崎ならではの情景かと感じる。

長崎電鉄15
築町~市民病院前
1号2号5号が乗り入れる大ジャンクションだ。

長崎電鉄16
石橋。
5号の終点。
観光面でも重要な区間だ。

長崎電鉄17

長崎電鉄18

長崎電鉄19
石橋~大浦天主堂下
この区間の石畳が全てはがされていた。
何かの手入れでもしているのだろうか。

長崎電鉄28
大浦天主堂下~大浦海岸通り
偶然にも長崎港に世界最大級クルーズ客船クワンタムオブザシーズが入港していたので
長崎電鉄車両とのコラボにトライしてみた。

長崎電鉄29
西浜町~賑橋。
長崎電鉄唯一の専用軌道上の橋梁。

長崎電鉄30
築町~出島
併用軌道もここは極端に道路幅が狭い。
路線開業当時の道幅のままとのこと。

長崎電鉄31
大波止~出島
出島と長崎電鉄とのコラボを撮影したかった。
出島のカーブ感を意識して撮ってみた。

長崎電鉄を満喫したあとは島原鉄道に向けて移動した。
(つづく)

2018.1.17撮影
スポンサーサイト



熊本市電・熊本電鉄・長崎電鉄・島原鉄道・松浦鉄道の旅⑦(長崎電鉄1)

この日のスタートは長崎電気軌道。
朝、まだあたりは真っ暗ながら、すでに一日の始まりを慌ただしくむかえていた。

長崎電鉄1

長崎電鉄2
宝町。
雨が長崎の町を照らしていた。
ライトの明かりも一層輝いて見える。

長崎電鉄3
赤迫。
北側の終点。

長崎電鉄4
赤迫に到着した時点で少しずつ明るくなってきた。雨も小降りになってきた。

長崎電鉄5
到着するやいなや、次から次へと通勤通学客が足早に乗り込んでいく。

長崎電鉄6

長崎電鉄7
住吉~赤迫。
通勤ラッシュで混み合う車を横目に電車は悠々と駆け抜けてゆく。

長崎電鉄20
再度宝町。
真っ暗の時とはまた雰囲気ががらっと変わる。

長崎電鉄22
長崎駅前。

長崎電鉄23
JR長崎駅をバックに。
新幹線工事が着々と進んでいた。

長崎電鉄21
長崎駅前の跨線橋から見渡す。
こちらは正覚寺下に向かう第1系統。

長崎電鉄24
こちらは蛍茶屋に向かう3系統。

長崎電鉄25
茂里町~銭座町。
ひときわ目立つみらい長崎ココウォークの観覧車をバックに。

長崎電鉄26

長崎電鉄27
浜口町~松山町~大橋。
一つの見所。JRと長崎電気軌道併走区間。
うまくJRとの併走シーンが見られるかなと思っていたら
絶好のタイミングで885系白いかもめがやってきました。
架線柱をさばきながらうまく撮ろうとしましたがこれが精一杯でした。
でも超満足です。

(つづく)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR