FC2ブログ

おおさか東線で大阪外回り

おおさか東1
2008年に一部先行開業、2019年に全線開業したおおさか東線。
ようやく全線乗車できるタイミングができたので、
途中下車こそないものの新大阪から久宝寺までを乗り通してきました。
新大阪えきに入線してくるおおさか東線車両、201系。

おおさか東2
おおさか東線の路線図。
直通快速だと、新しく設けられた駅はすべてぶっ飛ばされるっていうのがおもしろい。

おおさか東3
新大阪駅で折り返し発車を待つ201系。
この新大阪駅に、201系で、このカラーリングで乗り入れていることが、違和感ありまくりでした。

おおさか東4
さあ、出発です。
新大阪が始発駅っていうのもなんだか違和感。
それだけおおさか東線登場のインパクトがでかかったんだなとあらためて思う。

おおさか東5
出発してすぐの橋梁を渡ると、目の前に高架が見えてくる。

おおさか東6
おおさか東線はこの高架に入っていく。
向かいにはおおさか東線の上り列車が高架を降りてきていた。

おおさか東7
高架を上がっていく。まだまだ設備は真新しさを感じる。

おおさか東8
高架に上がるとすぐに次の駅、南吹田駅に到着。

おおさか東9
JR淡路駅手前で、東海道新幹線とクロスする。
偶然にもちょうど頭上を新幹線が通り抜けていくところでした。

おおさか東10
JR淡路駅。阪急乗り換え駅(一応)。

おおさか東11
かつて赤川仮橋で有名だった淀川橋梁。
すっかり道路併用橋の面影はなく立派にうまれかわっていました。

おおさか東12
城北公園通駅。

おおさか東13
JR野江駅。京阪との乗り換え駅(一応)。
地下鉄谷町線との乗り換え駅とは言えまい。

おおさか東14
カーブで見えてくるのは鴫野駅。
地下鉄今里筋線、JR学研都市線乗り換え駅。

おおさか東15
おおさか東線の上を学研都市線の木津方面の線路が越えていくとまもなくして放出駅。

おおさか東16
放出駅。

おおさか東17
放出を出ると、学研都市線と別れを告げます。

おおさか東18
高井田中央駅。地下鉄中央線乗り換え駅。

おおさか東19
JR河内永和駅。上に見えるのは近鉄奈良線、乗り換え駅です。

おおさか東20
JR俊徳道駅。斜めに近鉄大阪線の俊徳道駅がクロス。

おおさか東21
JR長瀬駅。

おおさか東22
衣摺加美北駅。難読駅ですね。

おおさか東23
新加美駅手前で右に片町線貨物支線が分岐していく。
おおさか東線は左に大きくカーブを描いていく。

おおさか東24
新加美駅。

おおさか東25
おおさか東線の高架がようやく終わりを告げる。
両側に見えるは関西本線。

おおさか東26
久宝寺駅。
新大阪から普通でも約30分と意外に短い。
時間あれば気軽に乗りに来られますね。

おおさか東27
久宝寺駅に到着した201系。
乗り換え路線が多いので、今度は各路線からおおさか東線にアプローチしてみたいです。

(2019.12.14撮影)
スポンサーサイト



(仮称)北梅田駅周辺を俯瞰で楽しむ

(仮称)北梅田駅、呼称うめきた(大阪)地下駅の工事が進んでいる。
大阪に寄った機会に、新駅周辺を俯瞰で眺めたくなり、
空中庭園に向かった。

北梅田1
JR大阪駅とその手前には新駅。
穴が空きながらカーブを描いているところが北梅田駅(うめきた(大阪)地下駅)です。

北梅田11
アップで見るとこんな感じ。
開業時には現在の大阪駅と新駅間に改札内連絡通路ができて
どっちも「大阪駅」として開業、運用されるようです。

北梅田2
せっかくなので大阪駅の俯瞰風景を楽しみます。
遠くから見ているので、車体が白の221系はよく映えます。

北梅田3
撮影を楽しんでいると偶然にもトワイライトエクスプレス瑞風に巡り会うことができました。
が。
時間的に逆光、線路周辺はほとんどビル陰に隠れ、車体もはっきりと拝むことができずで無念。

北梅田4
見えなくなるまで追いかけましたがずっとこんな感じ。
ほとんどわからないですね。

北梅田5
反対側を俯瞰します。
こちらからは梅田貨物線がよく見えます。
新駅に向かうトンネルはこの辺くらいから始まるのでしょうか。
新線工事の横を貨物が車両が通る。

北梅田6
特急はるかが新線工事横を駆け抜ける。

北梅田7
旧貨物駅の脇をはるかが走る。
新駅工事で周辺は実にすっきりしている。

北梅田8
ここ空中庭園は最高の撮影地。
特急はるかと阪急電車とのコラボ写真を撮影できて超満足。

北梅田9
淀川とそこに架かる橋梁、
JR.と阪急、
大阪の町並み。

北梅田10
すこしずつ変化していく大阪。
開業まではまだまだあるけど、
また少しずつその変化を残していけたらいいなと思います。

(2019.12.14撮影)

超短距離線の旅 和田岬線②

和田岬線の撮影巡り。

和田岬17
和田岬駅すぐの踏切から和田岬駅を見る。
発車した列車が近づいてくる。

和田岬18
ここの踏切は結構の規模。
その分列車通過の迫力も増すというものだ。

和田岬19

和田岬20
和田岬線といえばここ、和田旋回橋。

和田岬21
旋回橋の大きさは車両一両分に満たない。



和田岬24
かつてここには駅があった。鐘紡前駅跡。
薄ら残るホーム跡。

和田岬22

和田岬23
わずかな距離ながら、ここに列車が通り続ける意義は大きいと感じる。
この和田岬線を活かしながらの再開発をぜひ考えていただきたいものだ。


(2019.12.14撮影)

超短距離線の旅 和田岬線①

和田岬4
大阪に行く機会があったのでちょっと寄ってみた。
JR和田岬線。
わずか2.7kmで中間駅のない山陽本線の支線ですね。
兵庫駅を出ると次は終点和田岬駅です。

和田岬1
兵庫駅では山陽本線とは別ホームなので、
一端階段で降りて専用改札口を抜け和田岬線ホームに向かう必要があります。

和田岬2
山陽本線ホームを右手に見上げながらちょっとした長さのホームに向かう通路を歩いて行きます。

和田岬3
和田岬線用ホーム。
わずか4分ほどの短い旅が始まります。

和田岬5
途中和田岬駅に向かって右側には、川崎重工の工場が広がります。

和田岬6
ほんとにあっという間に和田岬駅に到着です。
この日は土曜日だったので、乗客は各車両数えるほどで少なめでした。
私以外の乗客は三菱重工の従業員と思われる方ばかりでした。

和田岬8
和田岬駅駅名標。

和田岬7
駅は片面1線。

和田岬10
特徴的なのは、ホームの途中に数カ所、すぐ横の道路に降りられる階段が設けられているところ。
改札口がないので(兵庫駅の乗り換え口で済ましてしまうので)、出入り自由です。

和田岬13
兵庫駅側からホームを眺める。
6両対応なので結構ホームも長いです。

和田岬11
駅を道路側から見る。

和田岬9
JRのホーム先端すぐ先には、神戸市営地下鉄海岸線の和田岬駅出入り口が見えます。
この関係とウォーターフロント計画で存廃問題が起こっていますが、
さあ果たして和田岬線の未来はどうなるのでしょうか。

和田岬14
かつてはもう少し先に(旧)和田岬駅はありました。
さらにはこの先の三菱重工に向かう線路も伸びていたようですね。

和田岬12
近くの踏切から駅全景を見る。
奥に見えるのが三菱重工。

和田岬15
駅すぐのお店脇には和田岬駅の歴史が色々と記されています。
昔の駅の様子の写真や、興味深い路線図、年表など、
これは訪問されたら是非見てみてほしいですね。

和田岬16

(つづく)

広島近郊から消えた国鉄形電車

2019年春のダイヤ改正で広島近郊から消滅してしまった国鉄形電車たち。
消滅間近に撮った写真と、最終日の105系の姿をここに残します。

広島近郊21
115系が入線。可部線下祇園駅。
可部線にも大量に入線していた国鉄形はこの数ヶ月で一気にその量を減らしていた。
(2019.02.01撮影)

広島近郊22
広島駅に停車中の115系。
行き先は岡山(山陽線経由)。
今では糸崎で完全に系統は分断され、このような案内は過去のものとなってしまいました。

広島近郊23
227系と115系。
(2019.02.12撮影)

広島近郊24
2019.3.15。
日付がまもなく変わろうとしている時間帯。
いつものように帰宅でいつもの列車をいつものホーム位置で待っている乗客たちは、
目の前の105系が明日からは姿を現わさないことをどれだけ知っていたのだろうか。

広島近郊25
広島近郊での運行を終えた105系はいつものようにここから回送で車庫に向かう。
普段はこの時間人気の少ないホームには、最後の姿を収めるためにカメラをもった人々が集まっていた。
最後の105系と227系のショット。

[広告]


翌日からはレッドウイングが広島近郊を埋め尽くしていた。
さみしさはあったが、ようやく広島に新時代が訪れたような気がした。

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR