FC2ブログ

可部線延伸区間にやっと行って来た③(おまけ)

延伸区間のちょこっとだけ他の写真を。
といってもアングルほとんど変わりませんが。


可部72

可部73
(可部駅から東約1.7km、寺山公園遊歩道展望台から撮影)

可部74
可部駅に到着する列車。奥が可部駅。
(可部駅から北へ約270m可部街道跨線橋より撮影)

可部駅~あき亀山駅までの前面展望で雰囲気だけでも感じていただけたら。。。
[広告] VPS


(2018.11月撮影)
スポンサーサイト



可部線延伸区間にやっと行って来た②(河戸帆待川~あき亀山)

可部46
延伸区間の中間地点に設けられた河戸帆待川駅。
片面一線の小さな駅だが、駅周辺には住宅や行政・商業施設なども多く
利用客は多い。

可部47

可部48
ホームへは改札すぐのこのシンプルな通路を抜けた先。

可部49
ホームから可部駅方面を見る。

可部50
ホームからあき亀山方面を見る。

可部51
河戸帆待川に広島行きが到着しました。
可部線には227系がよく似合います。

可部52
河戸帆待川駅すぐそばの跨線橋から俯瞰で駅を見ます。
いかに省スペースで駅が作られているかが分かります。
写真奥があき亀山方面。

可部53
旧河戸駅跡近くにできた跨線橋からも延伸区間を俯瞰で望めます。
跨線橋から河戸帆待川駅に停車中の列車が見えます。

可部54
河戸帆待川~あき亀山
河戸帆待川を出るとあっという間にあき亀山に到着します。

可部55

可部56
同跨線橋から後ろに振り返るともうそこにはあき亀山駅が見えます。

可部57
同区間を別場所から俯瞰で眺めます。
ここは新線区間の様子をじっくりと観察できる最高の俯瞰地点。
列車は河戸帆待川駅に停車中。

可部58
旧河戸駅地点を通過中の列車。

可部59
列車はあき亀山駅に。
線形がしっかりと見ることができるので飽きません。

可部60
(あき亀山駅西側の山の上にある住宅街に向かう階段を上った辺りから撮影)

可部61
あき亀山駅を逆方向から俯瞰。
ちょっと遠いですが、駅が町並みの端に位置していることが分かります。

可部62
あき亀山~河戸帆待川

可部63
河戸帆待川駅の周辺に住宅が密集しています。
(可部駅から東約1.7km、寺山公園遊歩道展望台から撮影)

可部64
以前、延伸前にここの橋の前に立ち、列車が再度走る姿が戻ってくることを願った。
今ここを列車は毎日毎日決まった時刻に通り過ぎていく。
河戸帆待川~あき亀山
(あき亀山駅から東へすぐ)

可部65
あき亀山駅に降り立った。
駅の構造がまさに終着駅。

可部66

可部67

可部68

可部69
駅前には病院移転の計画があるようです。
もしそうなると駅周辺の雰囲気は一変するでしょうね。

可部70
あき亀山駅舎。
河戸帆待川に比べると客数はぐっと落ちる。
駅周辺の開発が進んだ先の成長が楽しみです。

可部71
ここから坂を上がったところに旧河戸駅のオブジェがあるのでぜひ時間があれば立ち寄ってみてください。

(つづく)

可部線延伸区間にやっと行って来た①(可部~河戸帆待川)

可部45
2017年3月に延伸復活した可部線可部駅~あき亀山駅区間。
広島に住んでいながら、ここに来てようやくこの区間に訪れました。

可部30
可部駅西側。駅前の立派なロータリーは健在でした。

可部31
ただ駅に跨線橋と西側ホームができたのでゲートの雰囲気はすっかり変わっていました。

可部32
跨線橋から可部駅全体を俯瞰できます。
列車が止まっている2番線は、かつてはホームのない側線でした。

可部33
延伸前まで使われていた線路を横断する通路と踏切は撤去。
いまでもその時の階段跡が残っています。

可部34
左側があき亀山方面2番線。
右側が広島方面1番線。

可部35
延伸以前は現1番ホーム(広島方面)が三段峡方面ホームでした。
広島方面は右側の頭端式ホームが使われていました。
今では完全に線路も撤去され立ち入ることはできません。

可部36
広島方面の列車が発車します。

可部37
可部駅に到着する直前に見る可部駅。
ここであき亀山方面の列車とすれ違います。

可部38
あき亀山方面の列車からすれ違う広島方面の列車を待ちます。
広島方面が到着したらすぐに発車です。

可部39
可部駅周辺を俯瞰で眺めます。
駅前に広がるのは、鋳物ホーローバスなどを作っている工場。

可部40

可部41
可部駅をあき亀山方面に向け出発した列車。
住宅が建ち並ぶわずかな隙間を縫うように進み続ける。
奥に見えるは太田川。

可部42
国道の下をくぐる。

可部43

可部44
続けて国道バイパスをくぐるとすぐに次の河戸帆待川駅だ。
(写真は上り列車)
(俯瞰写真・・・可部駅から東約1.7km、寺山公園駐車場脇、寺山公園遊歩道展望台から撮影)

(つづく)

可部線復活まであともう少し

可部線電化復活にむけて工事も本格化。
この度新駅2駅の名称が発表されたので、ちょっと復活区間の様子を見に行った。

可部11
復活区間の中間駅として設けられる「河戸帆待川」。
可部バイパスからほど近く、目の前にはホームセンターと食品スーパー。
ホームは片面のようです。

可部12
駅舎予定地。
どうやら入り口は北側一か所みたいです。

可部13
高宮中学校踏切から西を望む。
この踏切は復活するようだ。

可部14

可部15
旧河戸駅近くに設けられる跨線橋。

可部16
四日市第六踏切から東側を望む。
上の跨線橋が奥に見える。
旧河戸駅は跡かたもなくなっていた。

可部17
同踏切から西を見ればすぐそこには終点「あき亀山」駅だ。
(この踏切はすぐ隣に立体交差道路ができるまでの暫定復活踏切となるようです)

可部18
踏切近くの鉄橋は綺麗に補強されていました。

可部19
あき亀山駅は想像以上に広かった。

可部20
留置線3線と1面2線のホームが設置されるような感じです。

可部26

可部21
可部線延伸の喜びが伝わる看板。

可部22
あき亀山駅のイメージパース。

可部25
河戸帆待川イメージ。

可部23
可部駅の西口イメージ。

可部24
延伸区間の概要が看板には貼られていました。
来年の春が楽しみですね。

可部27

可部28
あき亀山の先には、かつての線路跡が少しばかし残っている。
もうこれ以上の復活はありえないけど、
この線路も今回の復活をきっと喜んでいることだろう。

廃線からの復活。
来年春、またこの地に列車の走る音が帰ってくる。

(2016.7.16撮影)

可部線 ぷち撮影②

可部線沿線を撮影。

可部05
上八木~梅林。
国道54号より梅林方面を撮影。

可部06
上八木~梅林。
国道54号より上八木方面を撮影。

可部07
上八木~梅林。
国道54号より上八木方面を撮影。

可部08
梅林駅。
(以上2015.5月撮影)

可部09
緑井駅。
(2012.1月撮影)
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
45位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR