FC2ブログ

北海道 秘境駅・2429D・釧網本線を巡る③(小幌駅)

全国一の秘境駅である小幌駅。
存続協議が進められているが、
現状を考えると今後いつ廃止になってもおかしくない。
そんな最中の今回、ようやく念願かない訪問することができました。

北海道37
長万部から2駅、長いトンネルを抜けると小幌駅が目の前に。

北海道38
ついに小幌駅のホームに降り立ちました。
感動の瞬間です。

北海道39
発車した列車はすぐに目の前のトンネルに姿を消します。

北海道40

北海道41
下りホームから駅の両端を見渡す。
まさにトンネルに挟まれた閉ざされた世界。

北海道43
下り東室蘭方面時刻表。
乗ってきたのは15:40発の487D。
このあと次の17:55発まで小幌駅を楽しみます。

北海道45
こちらは上り長万部方面時刻表。

北海道42
小幌駅全景。
列車が通らなければ、聞こえるは虫の声と沢の音のみ。

北海道44
下り側にある保線小屋。

北海道46
保線所の詰所と倉庫。

北海道47
かなりの頻度で通過してゆく列車たち。
貨物や特急がものすごい勢いで駆け抜けてゆくのは迫力満点。
[広告] VPS

北海道58
さあ、次の列車まで2時間ほどあるので、周辺を散策。
ちょっと歩けば海が見えるようなので行ってみます。
上りホーム脇の小道のうち、左側を入っていきます。

北海道48
しばらく平坦な小道を進むと、

北海道49
道が二手に分かれます。
観音、洞窟への案内とは逆に右側に進みます。
すぐに超急な下り坂になりますが、足元に十分に注意して降りていくと、

北海道50
みえました、海です。

北海道51
駅から約10分ほど、文太郎浜。
しばし心をいやすことにします。

北海道52
波の音が心地よい。
お日様もやさしく浜辺を照らす。

北海道53
駅まで戻って、構内見学。
複線化前に使われていた礼文華山トンネル。

北海道55

北海道54
かつての行き違い信号場の名残が今でも色濃く残っている。

北海道56
小幌駅を俯瞰して眺める。

北海道57
あっという間に通過してゆくスーパー北斗。

北海道59

北海道60
あっという間に通過してゆく普通列車。
[広告] VPS

北海道61
そしてお別れの時間。
列車は時間通りにやってきた。
当たり前のことだけど、その当たり前が実はすごいことなんだと秘境駅に来るといつも思う。
果たして次回ここに足を運ぶ機会はできるのだろうか。
そのときにまだ駅が駅として機能していてほしいと、願うばかりである。
[広告] VPS

北海道62
閑話休題。
夜は札幌でジンギスカンを初めて食す。
臭みはなくそのジューシーさに箸が止まらなかった。
やっぱ食の北海道ですね。

翌日は2429Dで釧路を目指します。
(つづく)
スポンサーサイト



プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR