FC2ブログ

京阪プレミアムカーに乗った

京阪特急には学生時代に毎日のように乗っていた愛着のある列車。
当時としてはダブルデッカーもついていて且つ、ゆったり空間と上質な空間を特急料金なしで利用できることに
お京阪のすごさを感じていたのですが、
時代は移り変わり、この特急にも有料座席が設けられ、このたびようやく乗車する機会ができたので、
複雑な思いを抱えながら淀屋橋のホームにやって来た。

京阪プレミアム1
淀屋橋に入線したプレミアムカー。

京阪プレミアム2
ダブルデッカー車両も更に豪華さが増していますね。

京阪プレミアム3
こちらが今回乗車するプレミアムカー。

京阪プレミアム4
入口からそのきらびやかさに目がくらみます。

京阪プレミアム5
入ってすぐ、座席はデッキと半透明の仕切りで区分けされています。

京阪プレミアム6
なんということでしょう。
これまでの座席でも十分に立派だったのに、それを大きく上回る上質感。

京阪プレミアム7
こちらはデッキ側のシート。

京阪プレミアム8
いまや停車駅が増えに増え、立ち客であふれる車内から解放された
室内は落ち着いた空間。
かつての京橋から七条までノンストップだったときのゆったりとした空気を思い出しました。

京阪プレミアム9

京阪プレミアム10

京阪プレミアム11

京阪プレミアム12

京阪プレミアム13
座席下には枯山水をイメージしたデザインが施されている。

京阪プレミアム14

京阪プレミアム15

京阪プレミアム16

京阪プレミアム17

京阪プレミアム18
これだけ上質な列車にも一つだけ難点がある。
座席と窓柱がうまくかみ合っていないことで景色が見づらい席があるということ。

京阪プレミアム19
席によっては柱の位置が異なるので、座席を選ぶときには注意したい。
淀屋橋で席と取ったときは柱位置まで書かれた座席レイアウトを見ながらだったので良かったのですが。

京阪プレミアム20

京阪プレミアム21
乗車時には気づかなかった乗降口の扉デザイン。
降りるのが実に惜しい。

京阪プレミアム22
今回は七条で下車。
プレミアムカーをお見送りします。

京阪プレミアム23

京阪プレミアム24
かつての七条までノンストップだったときの車内のゆったりさを知っているので
ここにさらに特急料金を投資することに違和感を感じていたのですが、
よくよく考えたら、今は車内は座れないほどの混雑ぶりで、
元々持っていた最高級レベルの上質さが確かに薄れていたように思います。
それを立派に取り戻し、ここに特急料金を払ってもいいと思わせるほどのできばえに感動しました。

このときプレミアムカーに乗車していたのは5組ほど。
全体的に乗車率はどうなんでしょうか。
京阪特急はいつまでもきらびやかに輝いていてほしいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR