FC2ブログ

札沼線・留萌・宗谷本線乗り鉄の旅②(札沼線2)

札沼線141
浦臼駅で下車し、花月市街に行くバスを待ちます。
雨は激しさを増すばかり。

札沼線142
浦臼駅で折り返しの発車を待つ列車。

札沼線143

札沼線144
浦臼駅全景。

札沼線145
駅に隣接のふれあいステーション内から見上げる列車も迫力があります。

札沼線146
駅前に滝川駅前行きのバスが来ました。
これに乗り込みます。

札沼線147
バス車内から見えた鶴沼駅。

札沼線148
バスに揺られ花月市街で下車。
大雨の中歩くこと約15分、下徳富駅にやって来ました。
駅訪問は2回目です。

札沼線149
駅前の花月の松の木は今でも変わらず立派な姿でいました。

札沼線150
下徳富駅時刻表。
ここまでの究極の時刻表はそうあるもんじゃない。

札沼線151
下徳富駅舎内。
札沼線のPRポスターや宗谷線応援ポスターが涙を誘う。

札沼線152
下徳富駅のホームに出ます。
ホームの向こうには金色絨毯がひろがっていました。

札沼線153
前回訪問時にはここに来たときにちょうど列車がやって来て、興奮止まらなかった思い出があります。
今回は終電終わったあとなのでなんとも静かなものです。

札沼線154

札沼線155
一日一往復の状態を考えるとほんと立派な構造です。

札沼線156
今でも残る貨物専用ホーム跡。
かつての規模の大きさがうかがえる貴重な遺構。

札沼線157
下徳富駅を後にして次に向かうは廃駅となった中徳富駅跡地。
徒歩で向かう途中に見える様々な札沼線の線路風景は、どこをとってもとても美しく芸術的でした。

札沼線158

札沼線159
下徳富駅から大雨の中歩くこと約40分、
旧中徳富駅跡に到着です。
ちょうど踏切のところです。

札沼線160
写真の踏切(下徳富下1号線踏切)左手に中徳富駅のホームは存在していました。

札沼線161
もう今ではその痕跡は何一つ残ってはいませんが。

札沼線162
踏切を渡ったところから跡地を見る。
踏切脇にはかつて待合室もあったようです。
駅在りし頃を想像し、ここからこの線路自体も消えてしまうことに心痛めました。

札沼線163
中徳富駅跡から新十津川駅方向を見る。
ここに駅があったのだ。

札沼線164
徒歩で新十津川駅に向かいます。
途中トラックの水はねを思いっきり食らってしまい全身びしょびしょになり、
両靴底に穴が空いてしまい靴の中がぐちょぐちょになりつつもこれまた40分ほど。

札沼線165
新十津川駅に到着です。
あいかわらず駅回りの花々が綺麗に咲き誇っていました。

札沼線166

札沼線167

札沼線168
私の最後の訪問は、ラストまで238日でした。

札沼線169
駅舎内。

札沼線170
時刻表にはたったひとつ、10時00分のみが刻まれている。

札沼線171
駅舎内からホームを見る。

札沼線172
ホームから見た駅舎。
変わらぬ姿に感動。

札沼線173
車止め方向を見る。
石狩沼田までつながっていた時代に乗ってみたかったですね。

札沼線174
札幌方を見る。
安全策が増えていました。これも廃線前の風景。

札沼線175

札沼線176

札沼線177
廃線前で、時間限定で窓口も復活しています。
私が訪れたときにはとっくに閉まっていましたが。
色々グッズも買えるようですね。まあこんなルートの訪問の仕方をする人もいませんが。もう少し開いていてくれたら。残念。

札沼線178
じっくり新十津川駅を見学し、札沼線を去ります。

さようなら。
ありがとう。

次に向かったのは留萌線、乗り鉄。

(つづく)
スポンサーサイト



プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR