FC2ブログ

津軽線・江差線・海峡線を巡る旅⑬(江差線 江差駅編)

江差駅に到着しました。
せっかくなので、すぐに折り返さず
江差の町にちょっと立ち寄ってみようと思います。

江差線48
江差駅を見渡すことができる駅近くのこ線橋から。
このあと木古内まで向かう4177D。

江差線49
運動公園近くにて。
雨が本降りで空は真っ暗ですが。4177D。

江差線50
江差の町は北海道文化の発祥の地ともいわれる。
ニシン漁で栄えた時代の街並みが残されている「いにしえ街道」。

江差線51
にしんそばが有名なので、お腹もすいたので
「そば処 むらた」さんでお食事タイム。
しっかりしたニシンで超うめー。

江差線52
海岸沿いにある軍艦「開陽丸」。
幕末に活躍し江差沖で沈没したものの復元版。

江差線53
そのすぐ近くにある「瓶子岩」(へいしいわ)。
昔老婆が神水の入った瓶を投げ入れたことでニシンが群がるようになり民の飢えを救った。
その瓶が岩となったといわれる。
江差の町のシンボルだ。

江差線54
追分ソーランラインと呼ばれる国道228号沿い。

江差線56

江差線55
江差駅に戻ってきました。
駅舎内。もう外は真っ暗。
駅にも人はいません。
外の雨音と、迷い込んだ虫の羽音が聞こえるだけです。

江差線57
近距離運賃表。
木古内まで900円。
やっぱり北海道はでっかいどう。

江差線58
駅構内。

[広告] VPS


江差線59
江差駅に到着した124D。
折り返し函館行き127Dとなる。

江差線60
江差駅を出発。なんとも寂しい。
いい思い出をもらいました。

江差線61
その後雨で約40分遅れて函館に到着。
函館に着いた時にはもう22時。

江差線62
あ、やっぱり函館に来てるんだから行っとかないと。
函館の夜景を堪能してこの日を終えるのでした。
翌日は、木古内駅や知内駅などを楽しみます。
(続く)

(2013.8.29撮影)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR