FC2ブログ

宗谷・留萌・札沼・夕張を巡る旅㉓(札沼線再訪その2)

札沼線48
豊ヶ岡駅は前回訪問時にじっくり巡ったので
次の札比内駅へ。
周辺に民家が集まっており、駅舎もしっかりしている。

札沼線49
駅舎内は外からは想像つかないくらい小綺麗な造りをしていた。
窓口は無人。
でもその形がかつての利用が盛んであったであろう時代を想像させる。

札沼線50
駅舎裏側。

札沼線51
駅舎をぬけるとホーム。
本数がもっとあれば利用されそうな駅だと思うですが。

札沼線52

札沼線53
札比内駅に到着する新十津川行き5425D。
札比内駅北側より撮影。

札沼線54
札比内駅を新十津川に向け出発。
札比内の町を駆け抜ける。
札比内駅北側より撮影。

札沼線55
晩生内駅。

札沼線56
出札口があるということはそれなりの利用客がいたということだろう。

札沼線57

札沼線58
この駅にはかつてDMVの切り替え設備がありその実験が行われていた。
順調に実験が進んでいれば、札沼線や道内の路線の未来も少しは変わっていたかも。

札沼線59
札的駅。

札沼線60

札沼線61
もうすぐ近くには浦臼の町。
防雪林が駅の存在を悲しいかな隠してしまう。

札沼線62
浦臼駅。
大きな町だ。
ふれあいステーションと名付けられた駅舎の脇に
浦臼駅名看板が掲げられている。

札沼線63

札沼線64
かつてはここに貨物ホームもあり、線路脇のスペースはおそらくその当時の名残だろうか。

札沼線65
ふれあいステーションの半分がこの駅の待合スペース。

札沼線66
ここを境に本数が極端に変わる。
その差歴然。
さみしすぎる時刻表。

札沼線67
鶴沼駅。
ぱっと見田園風景が続くのだが、
札沼線68
決して周辺に民家がないわけではない。

札沼線69
もはや往復1本となってしまっては、使いたくても使えない。

札沼線70
それでも待合室は綺麗だった。

71
鶴沼~於札内を俯瞰。
北海道の広々とした田園地帯を今日も列車は走り続ける。
石狩当別行き5426D。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
45位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR