FC2ブログ

日南・指宿枕崎・吉都・くま川鉄道・鹿児島市電 訪問記⑰(指宿枕崎線1)

九州めぐり最終日。
いぶたまと普通を乗り継いで枕崎駅を目指す。

指宿枕崎1
特急指宿のたまて箱。
この白と黒で真っ二つにわられたフェイス。
これまで写真や映像でみるたびにそのインパクトに圧倒されてきましたが
実物を見るとかっこよすぎて時間を忘れてしまうくらいに見とれてしまいます。

指宿枕崎2
なんといっても黒色の光沢が素晴らしい。

指宿枕崎3
白側はそのラッピングがより際立って浮かび上がる。

指宿枕崎4

指宿枕崎5
内装もすばらしい。

指宿枕崎6
のれんも、
指宿枕崎7
窓を向く座席も、

指宿枕崎8
灯りと車窓も。

指宿枕崎21
鹿児島中央~郡元。

指宿枕崎22
鹿児島中央駅を出発したいぶたまは力強く指宿に向かう。
(鹿児島中央駅ホーム端から撮影)

指宿枕崎9
まずは鹿児島車両センターを見てテンションが一気に上がる。

指宿枕崎10
南鹿児島駅あたりでは鹿児島市電と併走する。
市電車両を見てますますテンションが上がる。

指宿枕崎11
慈眼寺~坂之上(だったと思う)
指宿枕崎線からも桜島の雄大な姿を拝むことができる。

指宿枕崎12
車内ではいぶたま名物の黒ごまプリンを堪能する。
これまたうまい。

指宿枕崎13
車窓には鹿児島湾が穏やかに映る。

指宿枕崎14
南国の雰囲気が徐々に濃くなってくる。

指宿枕崎15

指宿枕崎16
約50分、いぶたまを満喫。
列車が指宿駅に到着した。

指宿枕崎17

指宿枕崎18
ツアー客の団体やインバウンド客も多く、
ホームはすれ違うのも大変なほど大混雑でした。

指宿枕崎19

指宿枕崎20
ここで隣の山川行きに乗り換える。
ホームから名残惜しいがいぶたまをもう一度眺め別れを告げた。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
49位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR