FC2ブログ

日高本線・花咲線・根室本線(富良野~新得)を巡る旅①(日高本線1)

今回目指したのは、日高線、花咲線、根室線の富良野~新得区間です。
どれも単独維持困難とされている区間。
とくに日高線と根室線(富良野~新得)は、災害からの復旧なしに
このまま廃線となってしまう可能性が高いところでもあります。
現状の様子が知りたくて各地を巡ってみました。

日高2
まずは苫小牧駅にやってきました。
ここから日高本線に乗車します。

日高1
駅の脇から撮影。

日高3
駅跨線橋から撮影。
広大な駅敷地。
苫小牧なので背景に製紙工場を。

日高4
列車で行くことのできる鵡川まで乗車し折り返すことにした。

日高5

日高7
鵡川より先は運休中ですが、代行バス運行されているので行き先案内は様似のままなんですね。

日高6
1番線に停車中の日高本線車両。

日高8
苫小牧を出発しました。
鵡川までわずか4駅ですが、それでも30分の道のりだ。

日高9
室蘭本線としばらく併走し海側に向かって分岐する。

日高10
勇払駅。
(以下後面展望)

日高11
勇払~浜厚真。
海岸沿いには製紙、パルプほか多くの工場がそろっている。

日高12
それでも勇払を過ぎるとあたりには草原が広がり始める。

日高13
広大な厚真川を渡る。

日高14
川を渡るとすぐに浜厚真駅だ。

日高15
浜厚真~浜田浦
この区間は直線が多いので、浜厚真近くの発電所がいつまでも背景に残る。

日高16
浜田浦駅に停車中の列車をミラー越しに。

日高17
浜田浦駅を出発したらあと少しで鵡川駅だ。

日高20
ボックス席がほぼほぼ埋まった状態のまま列車は鵡川駅に到着した。

日高18
乗客の大半はそのまま代行バスに乗り込んだ。
決して乗客が少ないわけでもないが、とうてい安心できるレベルの客数ではない。

このままいったん苫小牧まで折り返し、レンタカーで各駅をできる範囲で巡っていきます。
その道中、かつて国鉄職員だった人と偶然にも出会うのでありました。
(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

残念!

実は今年6月に日高本線を訪問しましたが(私のブログで一部紹介済)、苫小牧~鵡川間は完全に「アウト・オブ・眼中」的な感覚で、この区間は訪問しませんでした。ですがこちらの記事を拝見し「へたこいた~っ!」的な感覚に陥ってしまい後悔の雨あられです。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-category-190.html

特に勇払。素敵な空間ですね。自分が訪問計画を立てなかった自体、まだまだあまちゃんですね。次回訪問時は是非寄ってみます。とは言え次回訪問時に現役でいてくれるかどうか・・・

Re: 残念!

日高本線で唯一生き残っている区間ですが、その現状も賑やかというわけでもなさそうでした。
勇払はかつての勢いを想像させる駅ですが、それがかえってさみしさを倍増させる雰囲気でもありました。
この先代行バスを利用する学生さんやら地元の方々の姿を数多く見受けました。
それ見るにつけ、鉄道は必要なのか、バスでも十分なのか、よくわからなくなってきました。
プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR