FC2ブログ

三江線 のんびり縦断⑨ (粕淵~石見川本)

三江317
粕淵駅。

三江318
商工会館の脇にくっついているのが粕淵駅。
(17.4.9撮影)

三江319
会館が主体の建物なので駅舎内も綺麗だ。
(17.4.9撮影)

三江320
ホーム浜原方面を見る。
(17.4.9撮影)

三江321
(17.4.9撮影)

三江322
ホーム明塚方面を見る。
かつては2線だった名残が見て取れる。
(17.4.9撮影)

三江323
(17.4.9撮影)

三江325
駅近くの防災公園から見る粕淵駅。
(16.3.28撮影)

三江324
第1江川橋梁を抜け粕淵駅にまもなく到着する列車。
(14.9.18撮影)

三江326
粕淵駅を出た列車はすぐに人道併設の第1江川橋梁に入る。

三江327
明塚駅。

三江328
近くに発電所があるものの、のどかな田畑が広がる。
(17.4.3撮影)

三江329
(17.4.3撮影)

三江330
ホームから粕淵方面を見る。
(17.4.3撮影)

三江331
列車はただひたすらに江の川と併走する。

三江332
石見簗瀬駅。

三江333
(17.4.3撮影)

三江337
開業から2年ほどは終着駅だったからか、駅舎も立派だ。
(17.4.3撮影)

三江334
昭和47年の大洪水を記す印が残る。
(17.4.3撮影)

三江335
目の前の堤防のすぐ無効は江の川。
(17.4.3撮影)

三江336
乙原方面を見る。
かつての2線跡がはっきりと。
(17.4.3撮影)

三江338
石見簗瀬駅に停車するキハ120。
(14.9.18撮影)

三江339
乙原駅。

三江340
大きなカーブ上の斜面上にある。

三江341
乙原駅を駅前からみあげる。
(17.4.3撮影)

三江342
(17.4.3撮影)

三江353
ホームから竹方面をみる。
(16.3.28撮影)

三江359
乙原駅に向かう列車。
(乙原駅から550m。県道40号近くから撮影)
(16.3.28撮影)

三江344
竹駅。

三江345
竹駅全景。
(17.4.3撮影)

三江346
(17.4.3撮影)

三江347
ホームには色あせたがんばろう三江線の横断幕が切なく残っていた。
(17.4.3撮影)

三江348
ホームから木路原方面を見る。
(17.4.3撮影)

三江349
竹駅で降りる学生たち。
(16.3.28撮影)

三江350
木路原駅に向かい、竹駅を列車は出発した。
(16.3.28撮影)

三江351
竹駅を出てまもなくして列車は木々の中に吸い込まれていく。
(竹駅すぐ橋梁の交差点辺りから木路原方面を撮影)
(16.3.28撮影)

三江352
木路原駅。

三江357
斜面上に駅はあるので、階段を上っていく必要がある。
(17.4.3撮影)

三江354
木路原駅を出発した列車。
(17.4.3撮影)

三江355
(17.4.3撮影)

三江356
ホームから石見川本方面を見る。
(17.4.3撮影)

三江358
石見川本駅に到着。

三江360
この日は比較的乗客は少なめだったようだが、
それでも大勢の人たちが列車から降りてきた。

三江361

三江365
今回乗車したときで、三江線終了まではあと103日でした。

三江362

三江363

三江364

三江366

三江367
石見川本駅をじっくりと見学。

三江368
そしてやってきた向かいの列車。
再度列車に乗り込み、終着江津駅を目指す。

(注釈以外は17.12.18撮影)
(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
45位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR