FC2ブログ

宇品線の跡地をたどる③

宇品38
下大河駅を過ぎると次は丹那駅だ。
この区間はそのまま道路となり、
知らない人にとってはここにかつて線路が通っていたなんて到底信じられないだろう。

宇品39
現広島南警察署前交差点北側には丹那駅をイメージしたモニュメントが設置されている。
ただし実際に駅があった場所はここではなく同交差点の南側あたりにあったと推測される。

宇品40
かなり手の込んだモニュメントなのでなかなかの見応えがあります。
ただ途中駅であることと丹那駅の当時の写真を見るに、車止めやポイント切り替えなど?な部分もあります。
まあ雰囲気ですな。

宇品41

宇品42

宇品43

宇品49
線路は個人的に推測するに駅モニュメントの西側向かいにある芝生の
線路モニュメント辺りを通っていたのではないでしょうか。

宇品44
同交差点から宇品方面を見ます。
現海岸通りはかつての堤防。
この西側すぐを宇品線は走っていたようです。

宇品45
この堤防に沿って線路は続いていた。

宇品47
交差点すぐ脇には丹那駅名標風案内板。

宇品48
丹那駅の当時の写真も掲示されています。

宇品50

宇品46
丹那~下丹那間。
宇品線跡は近隣の人たちの菜園スペースなどに活用されています。

宇品55

宇品51
下丹那駅近くになると、ゲートボール場として使われています。

宇品52
マツダ工場の専用道路高架下に下丹那駅名標風案内板があります。

宇品53

宇品54

宇品56
下丹那駅から南へ下っていくとまもなく道路は西へ大きくカーブします。
宇品線は現広島高速道に沿うような形で西に向け進んでいました。
なお、カーブし終わった辺りから南西に向けて、宇品貨物専用線が分岐していたようです。

宇品59
宇品駅の軍用ホームは当時日本一長い563mあったようです。
となると、1枚上の写真の道路分岐辺りから、この写真の現宇品インターチェンジ入口交差点東辺りから
すでに宇品駅ホームは始まっていたでのはないでしょうか。

宇品60
宇品駅は現競輪場の向かい辺りにありました。
写真左側には宇品駅跡を示すものがあります。

宇品61
宇品駅の跡を示すものは唯一この広島陸軍糧秣支廠倉庫の壁の一部のみ。

宇品62

宇品63
戦中、軍用倉庫として使われていたようです。
宇品線がいかに軍用路線であったかがわかります。

宇品57
宇品貨物線跡は海岸沿いに公園や商業施設などくつろぎの場としても整備が進んでいます。

宇品58
ここには宇品港の歴史がパネルで刻まれています。
パネルの写真は明治中期の様子。
宇品線跡を訪れた際はぜひここにもお立ち寄りいただければ深みが増すと思います。

(16.3月撮影)
(撮影から年月が経過しているため現在の様子とは異なる場合がおおいにあります)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
45位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR