FC2ブログ

DMVに向け動き始めた阿佐鉄へ①(海部~宍喰)

DMVを導入する阿佐鉄。
中間駅たった一つの鉄道が世界初の進化を遂げようとしている。
今しか出会えない阿佐鉄に行ってきた。

阿佐鉄51
海部駅。
右が阿佐鉄、左がJR。
現状はここが乗換駅になるが、DMV導入後は中間駅に生まれ変わり、先のJR阿波海南駅がDMV始発駅になる。
ここで阿佐鉄とJRが並ぶシーンが見られるのも今のうち。

阿佐鉄1
阿佐海岸鉄道海部駅名標。
JRとデザインは異なるが、共にお互いの隣駅名は記載されています。

阿佐鉄2
阿佐鉄海部駅時刻表。
一つの駅で2種類の時刻表。見比べてみるのもおもしろい。

阿佐鉄3
甲浦行の列車が入線してきました。
5553Dに乗車するのは私の他に3人だけ。

阿佐鉄4
車両はASA-301。
元高千穂鉄道車両だ。
この車両がかつて高千穂を走っていたかと思うとじんとくる。

阿佐鉄5
ASA-301車内。
乗車人数と比べると実に贅沢な空間だ。

阿佐鉄6

阿佐鉄7
阿佐鉄もJR.牟岐線とともに、「阿佐室戸シーサイドライン」の愛称を持つ。
海部~宍喰間では所々で太平洋を望むことができる。
(この日はとてつもなく曇っていたけど)

阿佐鉄8
中間駅、宍喰駅が見えてきました。
とても立派な高架駅です。

阿佐鉄10
すれ違いスペースはあるものの、使われておらず、
これから先も反対側にホームが駅できることはないだろう。

阿佐鉄9
宍喰駅に到着。ここで一端下車します。

阿佐鉄11

阿佐鉄12

阿佐鉄16
車両に刻印されている製造年。
ここに高千穂鉄道の名がうっすらと残っていることに車両の歴史を感じる。

阿佐鉄13
宍喰駅名標。
徳島県最南端の駅はテレビ番組「鉄道発見伝」からでたアイデア。

阿佐鉄18
駅の西側から全景を眺める。
高架の迫力と周りの風景との微妙なアンバランスさが心をくすぐる。

阿佐鉄19

阿佐鉄20
宍喰駅に到着した5654Dはここで終着。
しばしの休息を取る。

阿佐鉄21
宍喰駅舎。

阿佐鉄23
ここには阿佐鉄のマスコット伊勢エビ駅長がいる。

阿佐鉄24
なかなかの大きさですよ。
列車が来るまで駅長眺めてゆっくりとした時間を過ごしてみては。

阿佐鉄22
海部~宍喰。
目の前に広がるは太平洋。
写真奥には乳之崎。
あいにくの曇り空。
でも太平洋をバックに走り抜ける阿佐鉄は見応えがあった。
(宍喰駅から東へ約2.8km。歩くとしんどいので、駅のレンタサイクルを利用するととても快適ですよ)
[広告] VPS

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
45位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR