FC2ブログ

平成筑豊鉄道日帰り訪問②

平筑26

平筑27
犀川~崎山間にある橋梁と森のトンネルはなんか絵になるなあと思い
犀川で下車して立ち寄りたかったのですが、
初っ端の新幹線で小倉を不覚にも寝過ごしてしまい、平筑到着が遅れ行程が大幅に狂ったので
仕方なくこの場所での撮影をあきらめました。

平筑28
森のトンネルを抜けた辺りから周りの風景は一層落ち着いたものになってきました。

平筑29

平筑30
崎山駅。
元々は信号場だった駅です。

平筑31
崎山~源じいの森間は、18年西日本豪雨で築堤崩壊など被害が大きかった区間です。
15km/h制限が連続します。

平筑32
おそらくここが築堤が完全に崩壊したであろう場所。
法面が真新しいものになっています。

平筑33
幾箇所で豪雨被害の跡が残っており豪雨災害の規模の大きさが見て取れます。

平筑34
源じいの森に近づくにつれ、木々が深くなってきます。

平筑35
第一石坂トンネルが見えました。
すぐ隣の第二石坂トンネルと併せて九州で一番古い鉄道トンネルです。
赤レンガがとても美しい。

平筑36
第二石坂トンネルは複線構造。
こちらも赤レンガのつくりがすばらしい。

平筑37
石坂トンネルを抜けるとすぐに源じいの森駅です。

平筑38
石坂トンネルを見学するためにここで一端下車します。

平筑39
乗ってきた列車をホームから見送ります。
奥に見える真っ赤な第四今川橋梁が周りの木々とうまくマッチしています。

平筑40
(源じいの森~油須原間)

平筑41

平筑42
駅すぐの道路から少し俯瞰で駅を見下ろします。
やって来たのはへいちく浪漫号です。



平筑43

平筑44
石坂トンネルを通過するへいちく浪漫号。
トンネルの雰囲気にぴったりの車両です。
(崎山~源じいの森)
(源じいの森すぐの道路橋より撮影)

平筑46
石坂トンネル近くには、日本初の100km/h走行可能車掌車ヨ9001が保存展示されています。
筑豊での石炭列車で活躍していたそうです。

平筑45
源じいの森駅全景。

平筑47
ホームから崎山方面を見る。
あたりはとても静かだ。
ホームのいすで次の列車をゆっくりと待ちます。

平筑48
次の列車がやって来ました。
ホームからでも石坂トンネルを抜けてくる列車の様子がよく見えます。

平筑49
源じいの森に到着した列車。
次は隣の油須原駅で下車します。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR