FC2ブログ

小海線でてっぺんへ④

小海37
佐久広瀬駅にやって来ました。
ここはもっとも標高の高い秘境駅とも言われる駅。

小海38
佐久広瀬駅を出発した列車を見送ります。
すぐ眼下には信濃川につながる千曲川が穏やかに流れている。

小海39

小海40

小海41
列車がいなくなった佐久広瀬駅をじっくり探検。

小海42

小海43
千曲川がゆったりと流れ、すぐうしろには広大な田畑で埋め尽くされている。
駅周辺は田畑が段段にそびえており、少し上がれば駅は田畑で身を隠してしまう。

小海44
すぐそばの県道から駅を見下ろす。
千曲川と、作物栽培で一面にシートが張られた畑。
それらに囲まれた佐久広瀬駅に到着する列車。

ただひたすらにゆっくりと流れる時間に身をゆだねる。
そしてそのときはやってきた。
新元号「令和」の発表。

小海45
「令和」という言葉が繰り返し頭の中を駆け巡り時間は過ぎてゆく。
次の列車がやって来た。

小海46

小海47
次にやって来たのは海尻駅。

小海48

小海50
海尻駅周辺には家も多いが、のどかな空気が流れている穏やかな駅だ。

小海49
駅近くで見つけた俯瞰場所。
木々が多くてすっきりと見渡せるわけではないが、
海尻の町の脇を縫うように走る列車の姿を眺めることができた。
見えたのはハイブリッド車両ですな。
(松原湖~海尻)

小海51
海尻でゆったりと時間をすごし駅に戻る。
次の列車に乗り込む。
あと一駅訪問して小海線の旅も終わる。

(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR