FC2ブログ

日田彦山線の今を見に行った③(彦山駅)

日田彦25
添田駅からは災害による不通区間。
添田駅から少しだけ離れた駅横広場に代行バス乗り場があります。

日田彦26
代行バスとしてやって来たのは、ジャンボタクシータイプ。
この区間がいかに需要がないかが、悲しいかなはっきりと現れています。
このとき降りてきたのは0人。
乗り込んだのは私とあと1人。

日田彦27
代行バスは線路に沿うようにゆっくりと歩みを進めます。
歓遊舎ひこさん駅では、道の駅の目の前に停まります。
ここで添田駅から乗ったお客さんが下車。
車内には私一人になってしまいました。

日田彦28
運転手さんに日田彦山線にまつわる状況を聞いてみると、
「(代行バスも)朝夕はほんの少し利用者がいるけどそれ以外はほとんどいない」ようで、
仮に鉄道で復旧したとしても「使う人はいるのかな、みんな(高齢者も)車で移動しているからね」
と、日田彦山線の復旧方法で揺れているのはこういう実情があるからなのかなと感じました。
話をしている間に代行バスは彦山駅に到着です。
彦山駅からバスはまた添田駅に折り返しです。
乗客はいませんでした。

日田彦29
代行バスをお見送りして彦山駅をじっくりと堪能します。
駅舎は開業当時の趣を残しており非常に味のある出で立ちです。

日田彦30

日田彦31
駅前に残っているお店はのこりわずか。
代行バスの運転手さん曰く「昔は商店がずらーっと並んでいてとっても賑わっていた」、
これが時代の流れ、今の姿。

日田彦34
駅舎内。
昭和のにおい。
黒板。

日田彦32
改札ラッチがなんとも絵になります。

日田彦48
切符売場も木造のつくりがそのまま残っています。
きっぷうりばの昔の文字もたまりませんね。

日田彦33
彦山駅運賃表。

日田彦35
1番線ホーム。
朱色の柱がここが玄関口であることを主張しています。

日田彦47

日田彦39
昔の駅名標文字体。

日田彦36
2番線からの風景。
彦山駅の広さを体感。

日田彦37
添田方面を見る。

日田彦38
2番線から見る駅舎はその規模の大きさを更に感じ取れることができた。
朱色の屋根がよく見えるからだろうか。

日田彦40
夜明方面を見る。
駅構内は全く雑草で浸食されていない。
駅はしっかりと生きている。

日田彦41
駅近くの踏切から駅を見る。
線路はもちろん錆びきっているが、とても綺麗に維持されている。

日田彦42
夜明方面。

日田彦43
向こうに見える橋の上には成長した雑草が広がりつつあった。

日田彦44
駅を向かい側から眺めてみる。

日田彦45
少し山肌を進むと彦山駅舎と駅全景を俯瞰で見渡すことができます。

日田彦46
俯瞰で見ると彦山駅の大きさと素晴らしさが更に体感できます。

日田彦49
駅の脇にに増客時に使っていたのであろう臨時ラッチが残っていました。

日田彦50
ここにはラッチだけでなく、国鉄時代の展望図による観光案内図が残っています。

日田彦51
国鉄直方建築区作成となっていますが、果たして何年に書かれたものなのかは分かりません。
田川線がまだ国鉄扱いになっているのがたまりません。
伊田駅がまだ田川伊田駅ではないので昭和57年よりも前に書かれたものでしょうか。

次の代行バスに乗り継ぎ、宝珠山駅に向かうことにしました。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
41位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR