FC2ブログ

日田彦山線の今を見に行った⑥(筑前岩屋駅)

日田彦86
大行司駅から代行バスに乗り、隣の筑前岩屋駅に向かいます。
やって来たバスは西鉄の路線バスタイプでした。
筑前岩屋駅に向かうのは私だけでした。

日田彦87
この区間、代行バスからは有名なめがね橋シリーズを眺めることができます。
もちろんその上に列車が走ることはないですが。
まず見えたのは松尾のめがね橋。

日田彦88
続きましては、奈良尾のめがね橋。

日田彦89
そして金剛野めがね橋。
これらのめがね橋に列車が通るシーンを生で実際に見てみたかった。

日田彦90
バスからは所々土砂崩れがあったと思われる場所が見受けられた。
山林がごっそり裸になっており、こういうところが被害に遭った場所なのだろうか。

日田彦91
代行バスは筑前岩屋駅からは結構離れた所に停まった。
周りは災害後の復旧工事の真っ最中。
私を降ろした筑前岩屋止まりのバスはすぐにUターンし回送として去って行った。

日田彦96
とぼとぼ歩くこと約10分、筑前岩屋駅に到着。
アートな駅舎の造りにびっくりした。

日田彦92
駅南側伊王寺踏切から夜明方面を見る。
踏切のバーは外され脇の筒に保管されていた。

日田彦93
踏切すぐそばには、がんばれ日田彦山線の大きな看板があった。
下からこのメッセージははっきりと見ることができる。

日田彦94
踏切から駅を見る。
被害が大きかったのはこことは反対側、写真奥。

日田彦95
ホーム脇にも地元の人々の日田彦山線への熱い思いが綴られていた。

日田彦97
駅舎北側脇。

日田彦98
ここから見えたホームにもすぐに災害の爪痕が。

日田彦99

日田彦101
駅舎内には災害時の土砂などは全く残っていない。とても綺麗に管理されている。

日田彦100
筑前岩屋駅運賃表。

日田彦102
代行バスの案内。
もうぼろぼろ。
代行バスが駅まで来ないのだから仕方がないのか。
この掲示を見る人がいるのか。
そもそもの利用者がどれだけいるのか。

日田彦103
ホームから見る駅舎も美しい。

日田彦104

日田彦105
ホームから夜明方面。

日田彦106
添田方面。
岩の残骸が今も残る。

日田彦107
そして一番被害が大きかった場所。
丸々そぎ落としたとすぐに見て取れるほどの風景。

日田彦108
ホームの跡はなんとなく残っていたがまだまだ復旧には時間がかかりそうだ。

日田彦109
土砂崩れがあった所にはコンクリートのブロック塀が積み上がりつつあった。


日田彦112
筑前岩屋駅全景。

日田彦111

日田彦110
少し離れて駅を見渡してみる。
駅を使う人はいなかったが、駅前の水を求めに来られる人はこのわずかな訪問の間にも数人いた。


日田彦113
下から見上げた日田彦山線。
がんばれの看板がよく見える。
町の人の鉄道への思いはどれほどなのだろうか。
鉄道で移動できることを望む人はどれくらいいるのだろうか。

代行バスの停留所まで戻り、最後、夜明駅を訪問した。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takamii

Author:takamii
広島県在住。

たぶん乗りテツ。

好きな車両はラピート。

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR